<strike id="nd4ra"><bdo id="nd4ra"></bdo></strike>

  1. <em id="nd4ra"><acronym id="nd4ra"></acronym></em>
    1. <th id="nd4ra"><pre id="nd4ra"></pre></th>

      <th id="nd4ra"><pre id="nd4ra"></pre></th>

      關于我們

      日本中國経済交流協會㈱

      社 名:日本中國経済交流協 會 株式會社
      住 所:〒151-0053 東京都渋谷區代々木2-13-5 KT新宿ビル5F
      電 話:03-5304-0645(代表) FAX:03-5304-0646
      URL:www.movtrailers.com   E-mail:jcnews@infochina.jp
      資 金:4000萬円
      代表取締役:韓暁清
      會社の沿革:1990年07月  日中経済交流會を設立
      日本企業に中國進出の情報を提供
      中國進出の手続きをコンサルティング
      1990年10月  中國留學生後援會を設立
      在日中國留學生に大學、大學院、短大、専門
      學校への進學情報を提供
      1991年07月  JCEトラベルを開業、日中旅行事業に參入
      1992年11月  株式會社に変更
      2000年12月  関連會社―日中新聞日本語版と中國語版を創刊
      2004年08月  通信業に參入

      業務內容一:日本と中國の間に、次事業を行う
      1、輸出入貿易の促進、関連業務の斡旋と協力
      ● 中國との輸出入貿易全般及び取引上の各種問題について相談に応じます。
      ● 貿易?投資と不可分な関連業界に協力し、新規參入を希望する企業に対し推薦?斡旋を行います。 
      ● 中國の投資環境セミナーの開催等を通じ新しいビジネスチャンスを広く提供しております。
      2、知的財産権分野の協力
      ● 中國國家知識産権局をはじめ中國の関係機関や渉外代理事務所と協力して、情報収集とアドバイスを行っています。
      ● 行政また、中國の関係機関、司法部門、特許事務所などへの紹介や中國の特許関係者の研修にも協力しています。
      3、物流の円滑化のための協力
      中國対外貿易経済合作部、交通部、鉄道部、稅関総署、中國各港港務局や中國の主要物流企業との緊密な関係を通じ、日中間の海上?陸上?航空?鉄道輸送、通関業務の円滑化に努めています。また、動植物検疫や商品検査関係の強化に協力します。
      4、広州交易會?各種商談會への協力
      ● 毎年春?秋に広州市で開催される全國規模の『中國輸出商品交易會』は世界各國から多くのバイヤーが參加し、中國商品の輸出振興を擔っています。 
      ● 中國の各省?市?地域にて開催される小交易會、専門商品別の商談會に協力を行なっています。
      5、中國企業の信用調査、市場調査
      當會は蓄積した各種データおよび中國の中央?地方の関係機関?企業との協力関係を駆使し、対中投資?取引拡大に寄與しています。 
      ● 中國側パートナー企業、取引企業の信用調査 
      ● 中國の商品別市場調査
      6、対中投資?貿易協力事業
      中國との取引や投資に関わるご相談に迅速、的確に対応するため、事業開発部?開発チームが実踐型協力と合理的価格でお手伝いします。
      [協力內容]?、伲畬澲型顿Y協力
      ②.対中投資?貿易トラブル解決
      ③.債権回収協力
      ④.中國商品輸入サポート
      ⑤.中國法令情報サービス
      7、中國ビジネスをトータルサポート
      ――中國の市場開拓のために――
      ● 商品(製品?部品)市場動向調査(市場參入研究)
      中國市場へ參入するには、事前の十分なマーケティング調査が重要です。
      市場動向調査は、市場進出の販売戦略立案のための必要不可欠なツールです。
      ● 競合企業調査(競合企業の市場戦略を研究)
      中國で事業実績のある同業企業の生産、販売、管理などの事業運営手法を研究?分析し自社の事業運営に役立てる事が出來ます。
      ● 商品の消費者意識?動向調査(電話アンケート、インタビュー調査)
      市場流通業界製品、自社商品などに対する消費者意識を把握することで、今後のマーケティング戦略、新商品の販売展開戦略の重要な構築材料となります。
      ――新規の提攜先?取引先の與信調査をします――
      ● 中國企業信用調査(総合調査?基本調査&香港企業調査)
      8、中國で現地法人を設立することに協力する
      ――中國の市場開拓のために――
      ● 商品(製品?部品)市場動向調査(市場參入研究)
      中國市場へ參入するには、事前の十分なマーケティング調査が重要です。
      市場動向調査は、市場進出の販売戦略立案のための必要不可欠なツールです。
      ● 競合企業調査(競合企業の市場戦略を研究)
       中國で事業実績のある同業企業の生産、販売、管理などの事業運営手法を研究?分析し自社の事業運営に役立てる事が出來ます。
      ● 商品の消費者意識?動向調査(電話アンケート、インタビュー調査)
      市場流通業界製品、自社商品などに対する消費者意識を把握することで、今後のマーケティング戦略、新商品の販売展開戦略の重要な構築材料となります。
      ――新規の提攜先?取引先の與信調査をします――
      ● 中國企業信用調査(総合調査?基本調査&香港企業調査)

      業務內容二:
      1. 新聞業、出版業、宣伝広告事業、放送事業。
      2. 外國アーチストの招聘及び公演
      3. ソフトウェア業、インターネットを利用した各種情報提供サービス、
      コンピュータソフトウェア?コンテンツの企畫、開発、制作。
      4. プリペイドカードの販売
      5. カタログ通信販売
      6. 労働者派遣事業。
      7. 日本語學校の経営。
      8. 旅行業法に基づく旅行業
      9. 損害保険の代理業
      10. 不動産の売買、賃貸、仲介、管理。
      11. 日本、中國間の工業用及び家庭用電子製品、モーター、ミシンなどの機械、鋳物、石材などの建築材料、石炭、石油などの燃料、研磨材料、コンピューター、醫薬品、化粧品、食料品、衣料品、日用雑貨の輸出、輸入、その斡旋、情報提供に関する業務。
      12. 前號記載の各種事業に対する投資、合弁事業、その斡旋、情報提供に関する業務。
      13. 日本、中國間の交流に関する催事の企畫運営、斡旋に関する業務。これに関する映畫、テレビ、ビデオ、レコード等の企畫、製作、販売、劇団の企畫、運営、公演等に関する業務を含む。
      14. 美術品、工蕓品展示、販売に関する業務。
      15. 日本、中國間の貿易、投資等に関する情報提供、コンサルタント業務。
      16. 日本、中國間の研修生の養成、コンサルタント、派遣業務。
      17. 衣料品、食料品、化粧品、家庭用品雑貨、日用品雑貨、家具、貴金屬、
      アクセサリー、美術品、書畫、骨董品、美容器具、健康器具の販売及び輸出入
      18. インターネットのウェブ?コンテンツの企畫、開発、制作。
      19. インターネットにおけるサーバー仲介業務
      20. 國際文化交流及び各種イベントの企畫、運営
      21. 投資顧問業及び経営コンサルタント業
      22. 日本國內、國際結婚相談所の経営
      23. ホテル、飲食店、喫茶店交流サロンの経営
      24. 通訳?翻訳業務
      25. 有料職業紹介業
      26. 前各號に付帯、関連する一切の事業。

       

      日本、中國間の工業用及び家庭用電子製品、モーター、ミシンなどの機械、鋳物、石材などの建築 材料、石炭、石油などの燃料、研磨材料、コンピューター、醫薬品化粧品食料品、衣料品日用雑貨の輸出、輸入、その幹旋、情報提供に関する業務。
      前號記載の各種事業に対する投資、合弁事業、その幹旋、情報提供に関する業務。
      日本、中國間の交流に関する催事の企畫運営、幹旋に関する業務。これに関する映畫、テレビ、ビデオ、レコード等の企畫、製作、販売、劇団の企畫、運営、公演等に関する業務を含む。
      美術品、工蕓品展示、販売に関する業務。
      日本、中國間の貿易、投資等の関する情報提供、コンサルタント業務。
      日本、中國間の研修生の養成、コンサルタント、派遣業務。
      広告代理業務。
      旅行業法に基づく旅行業。
      損害保険代理業。
      不動産の賃貸、売買、仲介、管理。
      新聞、雑誌の発行。
      前各號に付帯、関連する一切の業務。 

      亚洲第一大av
      <strike id="nd4ra"><bdo id="nd4ra"></bdo></strike>

      1. <em id="nd4ra"><acronym id="nd4ra"></acronym></em>
        1. <th id="nd4ra"><pre id="nd4ra"></pre></th>

          <th id="nd4ra"><pre id="nd4ra"></pre></th>